ジェイエフ平野抗菌事業部

光の力で繰り返し抗菌作用を発揮

ナノゾーンコートはコロナウイルスだけではなく、花粉症、ハウスダスト、アレルギーにも有効です。さらにトイレやペットの匂い消しやほこりがつかないなどの効果もあります。

06-6790-1907

営業時間

10:00~21:00

※ 月・水曜定休日

Web予約

休業日および営業時間外に関係なく24時間Web受付しています

予約する

ジェイエフ平野抗菌事業部は大阪(一部地域を除く)で光触媒抗菌サービスを行っています

光触媒は1967年に日本で確立された「世界に誇る環境技術」です。
2007年には高松正幸氏がナノゾーンソリューションの原料である自己結合性酸化チタン液の開発に成功されました。
光のエネルギーを用いて酸化還元反応を起こし、接触した菌やウイルス、バクテリアなどの有機化合物を不活化し、除去します。
この化学反応を促進する物質が酸化チタンで、酸化チタンは光のチカラにより活性酸素を発生させ菌・ウイルスなどを攻撃します。
電子を奪うことで水や二酸化炭素に変化させ、蒸発した後には何も残らない状態にしてしまいます。

ナノゾーンコートの効果

抗ウイルス・抗菌

一般のアルコール除菌スプレーは、使ったときに蒸発または分解するので効果は持続せず新たなウイルスが付着します。アルコールスプレーや除菌スプレーを何回も使用しなければならないのはそのためです。光触媒は光があれば効果が持続するので一度きれいにコーティングすれば施工面が磨耗しない限り効果は持続します。

匂い消し

ナノゾーンコートの酸化チタン粒子は2ナノと非常に小さいため、施工面にしっかり付着し剥がれません。そのため、ナノゾーンコートによる光触媒コーティングは永続的に効果を発揮します。菌やウイルスを水とCO2に分解するので、防臭・防汚効果もあります。 たばこやアンモニア、ペットの臭いにも有効です。

ほこり・ハウスダスト対策

花粉やほこり、PM2.5、カビなども分解します。花粉症やハウスダストアレルギー(ホルムアルデヒド等)の方にもオススメです。キッチンや洗面台、バスルームなど水回りのバクテリア発生を抑え、防カビ・防臭・抗菌効果を発揮します。


nanozone SOLUTION

nanozone SOLUTION

超微粒子自己結合型酸化チタンが分散している水溶液です。

ナノゾーンコート認定施工店

ナノゾーンコート認定施工店

安心してお申し込み・ご利用ください。

光触媒とは

光触媒は太陽光の光エネルギーにより、有機物の汚れを分解したり、細菌を不活化したりする材料です。1967年、当時東京大学大学院生だった東京理科大栄誉教授の藤嶋昭さんは、助教授だった本多健一・東京大名誉教授とともに、後に"本多・藤嶋効果 "と呼ばれることになる、水から水素をつくる研究で発見した酸化チタンが世界初の光触媒です。2007年に高松正幸氏がナノゾーンソリューションの原料である自己結合性酸化チタン液の開発に成功!光触媒とは酸化チタンに光が当たるとそこに接触した有機物が酸化分解あるいは不活化する現象です。ナノゾーンコートされた施工面は光のエネルギーを受け、カビ、細菌などの微生物やウイルスは酸化され、死滅もしくは不活化、ホルムアルデヒド、ベンゼン、トルエン、メタンなどのVOC(揮発性有機化合物)は水とCO2に分解されます。

  • 01
    光触媒
    光触媒は光があたると触媒作用(化学反応の速度を変えること)を発揮する材料です。光触媒作用を示す材料はいろいろありますが,酸化チタンがもっとも優れていると言われています。
  • 02
    酸化チタン
    酸化チタンは通常は白い粉で白色塗料、白いプラスチック、白い紙の材料として多く使われています。また紫外線を吸収するので化粧品にも使われています。
  • 03
    分解力
    様々な有機物を分解できるので,汚れや臭いの除去や抗菌作用が得られます。光触媒である酸化チタンに光があたると、空気中の酸素と電子、水と正孔が生じ、活性酸素または活性水酸基を発生させます。それらが酸化チタンに接触する有機物(臭い・菌類・ウイルス・VOCガスなどの有害物質)を酸化分解あるいは分解減少させます。
  • 04
    親水性
    表面が水に濡れやすくなり、雨水がかかると汚れの下に入り込み平らにひろがります。そのことによって汚れが流れ落ちます。さらに曇り止め効果も得られます。

抗菌とは

殺菌・除菌・抗菌の違い

殺菌
「殺菌」は文字通り菌を殺すことです。菌の種類や数は問われないので、特定の1種類の菌の数が減っただけでも殺菌と言えます。医薬品・医薬部外品のみに使える表現で、厚生労働省が品質・有効性・安全性を確認した製品だけが対象となります。
除菌
「除菌」は文字通り菌を除去することです。アルコールスプレーや洗剤、漂白剤などの雑貨品表示でよく使われていますが、使用した際に菌の数を減少させることができます。
抗菌
「抗菌」は製品の表面上における細菌の増殖を抑制することです。キッチン用品やおもちゃ、お手洗いやバスルーム周りの用品でよく見かけますが、菌が住みにくい環境をあらかじめつくることができます。

つまり、菌を殺すことができるのが「殺菌」、菌を除去するのが「除菌」、そして菌の増殖を防ぐのが「抗菌」です。

光触媒の活用事例

商品化されている光触媒技術

光触媒は日本で発見され、日本で主に商品化が進んできたことから、「日本発のオリジナル技術」と言われ、現在も日本が世界の光触媒技術を牽引し続けています。

これまでの研究から、酸化チタン以外にも光触媒としての性質をしめす物質は数多く発見されてきましたが、酸化チタンは化学的に安定で、繰り返し使用することができ、安価であるため、光触媒に関連する製品は、ほとんどすべてが酸化チタンベースとなっています。

現在、住宅関連、電化製品、車両、道路関連、農業、水処理、衣料、生活用品、医療分野など、酸化チタン光触媒に関する製品が数多く登場しています。

光触媒リンク集(外部サイト)

光触媒について詳しく調べられたい方は下記のリンクをご覧ください。